スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.28 Thursday | - | - | -
まゆげが逆流する
首から上とおっぱいがな
かきたかっただけや!!!ワイは猿や!!ぷろごるファー猿や!!!!!!!!
また残念な感じで体なげぇー!!脊椎発達しすぎ。

無駄にでかいずぇ!!↓
色ナシのやつ
色塗ったくったのやつ

なんで無意味に2枚も貼ったかというと、女体だしまあいいかというアレです。
めんどくてカズーの下半身がアッチの世界の入口に消え入ってるが気にしない。
ズボンをなぜ書いた!と姉におこらりた。なんかおケツ描くの恥かしかったのラブ

まじで意味がわからんぐらいカラー(てきとー)だったりペン入れ(てきとー)てたり
アホすぎるんですが、それはすべておっぱいを
塗ったり描きたいためなんです。正義です。
乳輪のテカリはいいものだとおもいます。極めたい。

おっぱいかかなきゃ五羽感想も他のもかけない!涙
ということでUPする順番立ててたのを無視して
飛びすぎ展開なのUPしてみたりする。
これは今にはじまった現象ではない。

絵を全然ちゃう感じに描いてるので女体化っていう気分しないんだけど
やはりこういうのも女体化にカテゴライズされんのかね?
タケルっつってもこれタケルじゃないんだけど炊けるなんだよなぁ…
なんていやぁいいのかなぁ・・・
地球の自転ってあるだろ、あれと似たようなものさ
科学と真理…妄想とおっぱいは次元が違うんだよ。(素晴らしさの)
以上、鉄雄様のお言葉でした。
2007.10.23 Tuesday | セクサロイド | comments(0) | -
その名もSEXAROID
※画像がサムネにならんので、以後文中にリンクで貼っていきます。


絶対魅了豊満ボデー+無自覚+犯されまくり+EDEN的SF
=セクサロイド

というのをブリッとお脳が排泄しまして、そのあまりの見事な一本グソ具合に
おら、妄想がとまらんごなったんだとよ。
頭おかーしい!!!(伸介)しってるうううううううううううう

セクサロイドには男性型もあるけど、やっぱ女性型のが何かとMOEるんである。
わたしが。
なぜかというと、おっぱい星人だからです。
おっぱいが世界を救うってあたい信じてる。
EDENの性事情を色々こじつけこじつけ漕ぎ着いたりしたが
セクサロイドだとその辺はイッパツ解消される脱臭能力も秘めたうんこ妄想。
炊けるが実はセクサロイドなら、なーんの問題も無くまぐわれますねびゃっほおお!!!

セクサロイドはMOEるって。まじ、MOEる!!!!って!!!!
23世紀の管理社会で、人口調整されてると過程して、それ即ちクローンの繰り返しっぽい
ニュアンスを含むとしたら、セクサロイドとかセクサドールとか居てもいいんじゃないけ。


勝手に妄想を語るとですね〜〜ひじょ〜〜ぉにこの〜カケフ風〜〜に語るとですね〜
セクサロイドは自分の意志で行動できるらしく、セクサドールは命令がないと動けない。
よって、EDEN的には管理のしやすいセクサドールが一般的なんだが、
運営局も人の子、幹部のおっさんに変態趣向の人がおって、そういう一部のおエロいさんだけ楽しめるよう開発部はセクサロイドも受注承っておるわけよ。


ほんで、炊ける(自分で勝手につけた名前)を発注した変態じじーの詳細なプランは
「拉致・レイプ・監禁・調教」
とかで、そのレール上に造られた炊けるは居住区に置かれ一般市民として生活を送っている
(という事前設定を組み込む。実は初期機動時も今の姿)
ほんで、一般市民に溶け込んだなーっていう時が来たら回収されて、おエロいさんに
引き渡される。
すると、一般生活を送っていたはずなのにイキナリ拉致られてレイプ云々〜〜という感覚でヤれる。(解説byダン談。)


わけです。私の中で。きもすぎる爆笑爆笑じぶんキモすぎる爆笑
原稿から逃避しようとする脳みその回転のキモさは異常。


そんなこんなで今後そういったノリのアレやらソレをUPしていこうといらん誓いをします。
でもまあいちおう、基本カズタケです。
ちなみに鬱ENDなので、私の気力が最後まで続いたとしたら
嫌いな方はご注意ください。

ノーマルエロでカズタケが描きたかっただけっていうだけ。っていう。
ちょっとの間だけホモの押し問答抜きにしてラブラブさしたかっただけなのだ。
ホモでラブラブって難しいんだぜ!!!!私は!!!
絵柄コロッコロ変わるけど、おんなのこ核の苦手なだけです。
ていうか基本顔かけません。にっこぉおおおおるぃ!!!
2007.10.20 Saturday | セクサロイド | comments(0) | -

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--